コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本かね すぎもと・かね

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本かね

没年:大正4.11.25(1915)
生年:天保9(1838)
明治期の看護婦。正規の教育を受けたわけではないが,専門職の看護婦としてわが国最初の人とされている。江戸の富岡小八の娘で,16歳で新宿の商家杉本仙太郎に嫁ぐ。2子をもうけたが,27歳のときに夫と死別。明治1(1868)年,官軍病院の看護婦となった。続いて大学東校(東大医学部)に勤めたが,6年,佐藤尚中順天堂医院設立に当たって同院看護婦取締となり33年まで勤務した。尚中の養子で順天堂院長となった佐藤進に随って22年の大隈重信テロ遭難の際の大手術にも従事した。

(平尾真智子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

杉本かねの関連キーワード没年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android