杉本かね(読み)すぎもと・かね

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本かね

没年:大正4.11.25(1915)
生年:天保9(1838)
明治期の看護婦。正規の教育を受けたわけではないが,専門職の看護婦としてわが国最初の人とされている。江戸の富岡小八の娘で,16歳で新宿の商家杉本仙太郎に嫁ぐ。2子をもうけたが,27歳のときに夫と死別。明治1(1868)年,官軍病院の看護婦となった。続いて大学東校(東大医学部)に勤めたが,6年,佐藤尚中の順天堂医院設立に当たって同院看護婦取締となり33年まで勤務した。尚中の養子で順天堂院長となった佐藤進って22年の大隈重信テロ遭難の際の大手術にも従事した。

(平尾真智子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android