コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤尚中 さとうしょうちゅう

6件 の用語解説(佐藤尚中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤尚中
さとうしょうちゅう

[生]文政10(1827).4.8. 下総,小見川
[没]1882.7.23. 東京
蘭方医。佐藤泰然の弟子でのちに養子となる。本名は山口舜海。文久2 (1861) 年,長崎に行き J.L.C.ポンペ西洋医学を学ぶ。明治2 (69) 年,大学東校に出仕して大学大博士 (学長) となり,1872年まで同校を主宰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤尚中 さとう-たかなか

さとう-しょうちゅう

佐藤尚中 さとう-しょうちゅう

1827-1882 江戸後期-明治時代の医師。
文政10年4月8日生まれ。佐藤泰然にまなび,のち養子となる。長崎でポンペに師事し,帰郷後,佐倉養生所をつくる。維新後は大学東校に勤務し,明治6年東京下谷(したや)に順天堂医院を開設,8年湯島に移転した。明治15年7月23日死去。56歳。下総(しもうさ)佐倉(千葉県)出身。本姓は山口。通称は舜海。号は笠翁。名は正式には「たかなか」とよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤尚中

没年:明治15.7.23(1882)
生年:文政10.4.4(1827.4.29)
幕末明治期の医者。順天堂(順天堂大学)の2代目堂主。名は正式には「たかなか」と読む。下総国(千葉県)小見川藩医山口甫僊の次男。16歳で江戸に出て儒学を寺門静軒に学び,医学は安藤文沢に入門したが,安藤の勧めで佐藤泰然の門に転じた。たちまち頭角を現して安政6(1859)年に泰然の養嫡子になり,佐倉藩医に任ぜられた。泰然の実子松本良順(順)からポンペの情報を得て万延1(1860)年に長崎に遊学。ポンペに学んで,文久2(1862)年に帰藩。直ちに佐倉藩の医学改革を行い,佐倉仮養生所を開設した。しかし明治2(1869)年,業半ばにして政府から医学教育の改革のため大学東校の大学大博士になることを要請されて上京。同時に大典医(のちに職制の変更で小典医)に任ぜられたが,ミュラードイツ人教師の来日により同5年に有志を連れて辞職,私立病院博愛舎を日本橋に開設した。翌6年,いっさいの官職を辞して東京順天堂を下谷練塀町に開設。8年に湯島(順天堂大学病院の所在地)に移転して,私立総合病院の嚆矢となった順天堂医院を竣工。しかし開院直後に病に倒れて,ドイツ留学中の養子佐藤進を呼び返してあとを任せた。<著作>『外科医方』『ストローマイエル砲痍論』<参考文献>『順天堂史』上

(酒井シヅ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さとうしょうちゅう【佐藤尚中】

1827‐82(文政10‐明治15)
幕末・明治初期の医師・外科医,東京の順天堂の創始者。下総で出生,本姓は山口,舜海(しゆんかい)と称し,笠翁(りゆうおう)と号した。江戸では寺門静軒,安藤文沢に学び,さらに1842年(天保13)佐藤泰然門に入る。翌年泰然が佐倉に移るに際し,それに従い,のち59年(安政6)その養子となった。60年(万延1)長崎でポンペに学び,62年(文久2)佐倉に帰って済衆精舎を設け,西洋医学による医学教育と診療にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さとうしょうちゅう【佐藤尚中】

1827~1882) 医者。下総しもうさ国生まれ。本姓、山口。佐藤泰然の養子となって佐倉の順天堂を継ぐ。大学東校の主宰者となり、医学教育の制度を定め、のち下谷に病院(順天堂医院)を開設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐藤尚中の言及

【佐藤泰然】より

…53年(嘉永6)佐倉藩の藩医となり,医学面のほか兵制・外交問題などについても提言するなどの活躍をなした。59年(安政6)養嗣子の佐藤尚中にあとを継がせて,62年(文久2)横浜に移り,J.C.ヘボンらと交友があったが,のち東京に移って同地で死亡。子に松本良順,林董(ただす)がある。…

【順天堂】より

…泰然は,ここで諸国より西洋外科術を学ぶために集まってきた多くの医生を指導し,洋書を翻訳して教えるとともに,実地の臨床外科診療を行い手術もたびたび行って,順天堂は西洋外科の新しいメッカとなった。その養嗣子佐藤尚中が72年(明治5)に東京下谷練塀町に開設した病院も順天堂といい,3年後の75年4月に湯島に移って順天堂医院と称し現在に至っている。その間,医学校(現,順天堂大学)を開き同医院はその付属施設となった。…

【病院】より

…これが私立病院である。こうした私立病院で初期のものとして有名なのは,長崎養生所出身の幕府医官松本良順が1870年(明治3)東京に設けた蘭疇(らんちゆう)医院,ドイツ帰りの佐藤尚中が72年同じく東京に設けた博愛社医院(後,順天堂と改称)などがある。もっとも87年ころまでは私立病院よりは公立病院のほうが多い。…

※「佐藤尚中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐藤尚中の関連キーワード佐々木東洋佐藤進順天堂大学順天堂文京[区]川上武佐藤恒久佐藤達次郎佐倉順天堂ジュンテンドー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤尚中の関連情報