コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博愛社 ハクアイシャ

百科事典マイペディアの解説

博愛社【はくあいしゃ】

1877年西南戦争の際,負傷者救護に従事した佐野常民や大給恒らによって設立された救護団体。その後慈善団体として存続。1886年に日本が万国赤十字条約に加盟したため日本赤十字社と改称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はくあいしゃ【博愛社】

1877年(明治10)5月西南戦争中に佐野常民らが設立した、戦争傷病者の救護団体。87年日本赤十字社と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博愛社
はくあいしゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の博愛社の言及

【佐野常民】より

…維新後兵部少丞として海軍創設に努力し,ついでイタリア,オーストリアの公使となった。77年西南戦争にさいし,官賊の別なく傷病者を救療する戦地病院博愛社を創立,これが87年日本赤十字社となり,初代社長に就任。1880年大蔵卿,82年元老院議長,88年枢密顧問官など要職を歴任,92年には農商務相を務めた。…

【日本赤十字社】より

…西南戦争で出たおびただしい死傷者のうち,官軍側の負傷者は軍病院に収容されて手当てをうけたが,西郷側の死傷者は山野に放置され,その惨状は目をおおわしめた。これに対して元老院議官佐野常民らは,西郷側の暴徒といえども天皇の赤子であることには変わりないと政府に請願書を提出,かつて佐野が藩主の命でパリに行ったときにその存在を知った赤十字社にならい,1877年博愛社を創設した。博愛社はその後陸軍の後援のもとに博愛社病院を作り,同時に赤十字条約に加入,87年,日本赤十字社と改称された。…

※「博愛社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

博愛社の関連キーワード日本赤十字社(にっぽんせきじゅうじしゃ)有栖川宮妃董子小橋 かつえ九州改進党昭憲皇太后佐々木東洋桜井 忠興小沢 武雄佐野 常民従軍看護婦小橋勝之助小橋かつえ松平 乗承松平乗承彰仁親王須田泰嶺大給 恒杉本カネ桜井忠興佐藤尚中

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博愛社の関連情報