コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本哲郎 すぎもと てつお

美術人名辞典の解説

杉本哲郎

日本画家。滋賀県生。京都絵専卒。はじめ山元春挙の門に学ぶが、次第に仏教美術傾倒、印度・蒙古等の壁画を模写し、カンボジア・ジャワ等でも仏教美術調査を行うほか、宗教発生の世界各地を巡り、キリスト教絵画・エジプト絵画まで幅広く学び、力感溢れる宗教画を描いた。印度国立中央大学教授。京都市文化功労者。昭和60年(1985)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本哲郎 すぎもと-てつお

1899-1985 大正-昭和時代の日本画家。
明治32年5月25日生まれ。山元春挙に師事。昭和12年インドでアジャンタ壁画を模写,その後も東南アジアの仏教美術を調査する。55年「世界十大宗教壁画」を完成した。昭和60年3月20日死去。85歳。滋賀県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は哲二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉本哲郎の関連キーワード杉本 哲郎昭和時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android