コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉村濬 すぎむら ふかし

2件 の用語解説(杉村濬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉村濬 すぎむら-ふかし

1848-1906 明治時代の外交官。
弘化(こうか)5年2月16日生まれ。明治13年外務省にはいる。京城公使館書記官となり,28年閔妃(ミンビ)暗殺事件にかかわる。32年通商局長となり海外移民を計画,37年ブラジル公使。39年5月21日任地で病死。59歳。陸奥(むつ)盛岡出身。著作に「在韓苦心録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉村濬

没年:明治39.5.21(1906)
生年:嘉永1.2.16(1848.3.20)
明治時代の外交官。外交官杉村陽太郎の父。南部(盛岡)藩士の家に生まれ,江戸の島田重礼の門に入り塾頭となる。台湾出兵(1874)に参加後『横浜毎日新聞』の記者となるが,明治13(1880)年外務省御用掛に出仕。外務書記生として朝鮮に赴任し釜山浦書記官,京城公使館勤務を経て19年に公使館書記官となる。この間,壬午事変(1882)では危うく難を逃れた。日清開戦時(1894)には開化派を支援し,甲午改革の実現に深く関与した。閔妃暗殺事件(1895)に連座し非職となり,一時台湾総督府事務官となるが,32年外務省通商局長に復職する。海外移民計画を立案し,37年に南米移民事業促進のためにすすんでブラジル公使となり,移民事業に努力したが任地で病死した。日本の対朝外交に積極的に現地で関与し,陸奥外交とは一線を画した。<著作>『明治廿七・廿八年在韓苦心録』

(森山茂徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉村濬の関連キーワード外交官稲垣満次郎倉知鉄吉児島正一郎杉村陽太郎武内竜次中島才吉松永信雄松村貞雄陸奥広吉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone