コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田重礼

2件 の用語解説(島田重礼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

島田重礼

漢学者。文学博士。武蔵生。字は敬甫、号は篁村。安積艮斎に学び、昌平黌に入る。助教に進み、のち雙桂学舎を開く。明治14年、東京帝国大学文科大学教授に任じられ、のち東京学士院会員となる。明治31年(1898)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島田重礼
しまだちょうれい

[生]天保9(1838).江戸
[没]1898.8.27. 東京
明治の漢学者。字は敬甫,号は篁村 (こうそん) 。初め海保漁村,安積艮斎 (あさかごんさい) に学び,のち昌平黌に入り助教となった。明治になって東京に雙桂精舎を創立,のち東京大学教授。考証,経学,文章に秀でた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島田重礼の関連キーワード大原重成三好藍石渡辺広輝護峰宗行N活語雑話月亭青山幸礼伊藤威山三上静一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone