コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田重礼

美術人名辞典の解説

島田重礼

漢学者。文学博士。武蔵生。字は敬甫、号は篁村。安積艮斎に学び、昌平黌に入る。助教に進み、のち雙桂学舎を開く。明治14年、東京帝国大学文科大学教授に任じられ、のち東京学士院会員となる。明治31年(1898)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島田重礼
しまだちょうれい

[生]天保9(1838).江戸
[没]1898.8.27. 東京
明治の漢学者。字は敬甫,号は篁村 (こうそん) 。初め海保漁村,安積艮斎 (あさかごんさい) に学び,のち昌平黌に入り助教となった。明治になって東京に雙桂精舎を創立,のち東京大学教授。考証,経学,文章に秀でた。主著『篁村遺稿』『篁村文稿』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

島田重礼の関連キーワード石橋 健蔵狩野 直喜金子 平吉服部宇之吉宇野哲人杉村 濬杉村濬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android