杉村 楚人冠(読み)スギムラ ソジンカン

20世紀日本人名事典の解説

杉村 楚人冠
スギムラ ソジンカン

明治・大正期の新聞記者,随筆家,俳人 朝日新聞調査部長。



生年
明治5年7月25日(1872年)

没年
昭和20(1945)年10月3日

出生地
和歌山県和歌山市谷町

本名
杉村 広太郎(スギムラ コウタロウ)

別名
別号=縦横

学歴〔年〕
英吉利法律学校(現・中央大学),自由神学校先進学院〔明治26年〕卒

経歴
明治20年上京し英吉利法律学校(現・中央大学)に学ぶが病を得て帰郷、25年和歌山新報社記者となる。26年再び上京し、ユニテリアン協会の自由神学校先進学院に学ぶ。卒業後、正則英語学校教員や「反省雑誌」編集者を経て、32年米国公使館通訳となる。同年仏教清教徒同志会を結成、33年「新仏教」を創刊・編集した。36年東京朝日新聞社に入社、39年編集部長となり新聞の近代化に大きな役割をはたした。44年調査部を設け、初代部長となり、大正8年〜昭和10年監査役・編集局顧問を務めた。この間、8年に縮刷版を発行し始め、11年には記事審査部を創設、12年「アサヒグラフ」を創刊して編集長を兼任。また、随筆家としても名を高め、「大英遊記」「湖畔吟」「山中説法」などがあり、ほかに「最近新聞紙学」や小説「うるさき人々」「旋風」など多数。「楚人冠全集」(全18巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

杉村 楚人冠 (すぎむら そじんかん)

生年月日:1872年7月25日
明治時代;大正時代の新聞人;評論家。東京朝日新聞社相談役
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉村 楚人冠の関連情報