杉民治(読み)すぎ みんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉民治 すぎ-みんじ

1828-1910 幕末-明治時代の武士,教育者。
文政11年1月15日生まれ。杉百合之助(ゆりのすけ)の長男。吉田松陰の兄。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館にまなぶ。民政につくし,藩主から民治の名をあたえられた。のち山口県権(ごんの)典事。明治13年ごろ松下村塾を再興した。明治43年11月11日死去。83歳。名は修道。字(あざな)は伯教。通称は梅太郎。号は学圃(がくほ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉民治

没年:明治43.11.11(1910)
生年:文政11.1.15(1828.2.29)
長州(萩)藩士。通称梅太郎,学圃と号した。吉田松陰の実兄。民治の名は,民政に尽くしたため藩主より与えられた。廃藩置県(1871)後は山口県に奉職し,辞職後は,松下村塾を一時再興,萩の修善女学校の校長となるなど,教育に尽くした。<参考文献>広瀬豊「杉民治伝」(『吉田松陰全集』12巻),中村助四郎『杉民治先生伝』(復刻,1981)

(梶田明宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android