コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉民治 すぎ みんじ

2件 の用語解説(杉民治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉民治 すぎ-みんじ

1828-1910 幕末-明治時代の武士,教育者。
文政11年1月15日生まれ。杉百合之助(ゆりのすけ)の長男。吉田松陰の兄。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館にまなぶ。民政につくし,藩主から民治の名をあたえられた。のち山口県権(ごんの)典事。明治13年ごろ松下村塾を再興した。明治43年11月11日死去。83歳。名は修道。字(あざな)は伯教。通称は梅太郎。号は学圃(がくほ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉民治

没年:明治43.11.11(1910)
生年:文政11.1.15(1828.2.29)
長州(萩)藩士。通称梅太郎,学圃と号した。吉田松陰の実兄。民治の名は,民政に尽くしたため藩主より与えられた。廃藩置県(1871)後は山口県に奉職し,辞職後は,松下村塾を一時再興,萩の修善女学校の校長となるなど,教育に尽くした。<参考文献>広瀬豊「杉民治伝」(『吉田松陰全集』12巻),中村助四郎『杉民治先生伝』(復刻,1981)

(梶田明宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉民治の関連キーワード阿部碧海磯貝静蔵岡田善長尾崎雪濤麻見義修小池雅人鈴木大都野巽森源三吉田如雲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉民治の関連情報