コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修道 シュウドウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐どう〔シウダウ〕【修道】

道義をおさめること。
宗教学問芸道などを学び、身につけること。

しゅ‐どう〔‐ダウ〕【修道】

仏道を修行すること。
仏語三道の第2の位。見道で悟った真理を、具体的な事象の上で反復して観察する段階。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうどう【修道】

学問・技芸を学び、また道義を修めて身につけること。特に宗教上の修行をいう。

しゅどう【修道】

〘仏〙 仏道修行の階位を表す三道のうちの第二位。正しい見解に立って修行を積む段階。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の修道の言及

【仏教】より

…聖人は準備的修行(加行(けぎよう))を終えて四諦の理を観じて見道に達したもの以上で,その後究極的完成まで修行を続けることが要請される。この段階を修道(しゆどう)という。修行の完成者は阿羅漢(羅漢)と呼ばれる。…

※「修道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修道の関連キーワードアルマン‐ジャン・ル・ブチリエ・ド ランセマリアの宣教者フランシスコ修道女会ラウレンティウス(ブリンディジの)オルデリークス・ヴィターリス聖エリザベス・アン シートンジャーク‐アンドレー エムリキュリロス[スキュトポリス]聖) クララ(アッシージの聖) カタリナ(シエーナの島根県立松江工業高等学校函館ラ・サール高等学校カタリーナ(リッチの)ベネディクト修道会テンプル騎士修道会マルタ騎士修道会ドイツ騎士修道会ヨハネ騎士修道会ホセ アンチエタヨハネ騎士団イエズス会士

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修道の関連情報