修道(読み)シュウドウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐どう〔シウダウ〕【修道】

道義をおさめること。
宗教学問芸道などを学び、身につけること。

しゅ‐どう〔‐ダウ〕【修道】

仏道を修行すること。
仏語三道の第2の位。見道で悟った真理を、具体的な事象の上で反復して観察する段階。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうどう【修道】

学問・技芸を学び、また道義を修めて身につけること。特に宗教上の修行をいう。

しゅどう【修道】

〘仏〙 仏道修行の階位を表す三道のうちの第二位。正しい見解に立って修行を積む段階。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐どう シウダウ【修道】

〘名〙
道義を修めること。人の踏み行なうべき道を身につけること。
※道程(1914)〈高村光太郎〉冬が来る「私達の愛を愛といってしまうのは止さう、も少し修道的で、も少し自由だ」 〔礼記‐中庸〕
② 学問や芸術などを修めること。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉瓢箪二話「彼も修道して仙術を心得た人物だが、俗界にいて役人を勤めていた」
④ 道路を修理すること。〔周礼‐地官・大司徒〕

しゅ‐どう ‥ダウ【修道】

〘名〙
仏道を修めること。仏道を修行すること。しゅうどう。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「或唱誦経文。修道禅行」 〔勝鬘経‐一乗章〕
② 仏教の三道の一つ。見・修・無学の第二の位。見道で四諦の理を悟る無漏智を生じた後、さらに具体的な事柄のうえで、繰り返し修錬をつむ位をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修道の言及

【仏教】より

…聖人は準備的修行(加行(けぎよう))を終えて四諦の理を観じて見道に達したもの以上で,その後究極的完成まで修行を続けることが要請される。この段階を修道(しゆどう)という。修行の完成者は阿羅漢(羅漢)と呼ばれる。…

※「修道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修道の関連情報