コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦譲 すぎうら ゆずる

2件 の用語解説(杉浦譲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦譲 すぎうら-ゆずる

1835-1877 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)6年9月25日生まれ。杉浦蘐水(かんすい)の子。幕臣。外国奉行支配組頭をへて,明治3年民部省にはいり,前島密(ひそか)の外遊中,その後任として郵便制度の確立につとめ,4年近代郵便事業を開始した。初代駅逓正(えきていのかみ),のち内務大書記官,地理局長。明治10年8月22日死去。43歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。通称は愛蔵。号は温斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉浦譲

没年:明治10.8.22(1877)
生年:天保6.9.25(1835.11.15)
日本郵便事業の最初の実施者。幼名昌太郎。甲府勤番同心の長男。甲府勤番士ののち,江戸に出て外国奉行支配書物出役になる。徳川幕府遣外使節池田長発一行に加わり欧州へ行ったのち,外国奉行支配調役となりフランスへ赴く。維新後は徳川家達に随従し静岡に蟄居。訪欧の経験により明治3(1870)年新政府に徴用され,前島密外遊中, 駅逓権正 として郵便実施に尽力。その後,駅逓正,内務大丞兼地理頭,内務省大書記官地理局長となる。<参考文献>高橋善七『初代駅逓正杉浦譲伝』,土屋喬雄編『杉浦譲全集』全5巻

(藤井信幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉浦譲の関連キーワード郵便郵便法郵政事業庁日本郵政公社郵便書簡JP日本郵便日本郵政グループ日本郵便郵便事業株式会社郵便料金の別納制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone