交互(読み)こうご

精選版 日本国語大辞典「交互」の解説

こう‐ご カウ‥【交互】

〘名〙
① (━する) 互い違いにすること。また、互い違いになること。かわるがわる。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「そのレースの目は、(たび)の如くを交互して重ねたるゆゑ」 〔京房易伝‐震卦〕
② (多く「の」「に」を伴って用いる) 互い違いのさま。かわるがわるのさま。
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「敵味方交互(カウゴ)入り乱れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「交互」の解説

こう‐ご〔カウ‐〕【交互】

(多く「に」を伴って副詞的に用いる)代わる代わるすること。互い違いになること。「グループごとに交互に働く」「男子と女子と交互に並ぶ」
[類語]代わる代わる代わりばんこ互いに相互に交代入れ替わり入れ替え更迭こうてつ代替だいたい交番代謝チェンジ代わり番かたみ替わり隔番輪番回り番

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android