郭子儀(読み)かくしぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「郭子儀」の解説

郭子儀
かくしぎ
(697―781)

中国、唐の名将。玄宗、粛宗代宗、徳宗の4代に仕えた。華州(河南省)出身の文官の子であったが武官として立身。754年北辺の天徳軍使兼朔方節度(さくほうせつど)右兵馬使となり、翌年起こった安禄山(あんろくざん)のに、河東節度使李光弼(りこうひつ)とともに官軍を率いて河北を転戦、長安陥落後、西北の霊武に逃れた粛宗の即位後は、皇太子広平王(後の代宗)の下で副元帥となり官軍の総指揮にあたった。ウイグルの援軍を得て756年長安・洛陽(らくよう)を奪回、国家再建の功労者と賞せられる。

 その後宦官(かんがん)の魚朝恩らのため一時失脚させられたが、代宗朝に入り、吐蕃(とばん)、ウイグル、吐谷渾(とよくこん)、タングートなどの異民族連合軍の侵攻や、これと通謀した僕固懐恩(ぼっこかいおん)の反乱が起こり、ふたたび登用され、765年ウイグル軍を寝返らせて吐蕃を破り危機を救った。徳宗即位(779)後、尚父(しょうほ)の称号、太尉中書令の最高官を賜り、汾陽(ふんよう)王に封ぜられる。子の郭曖(かくあい)は代宗の娘昇平公主をめとり、孫は憲宗の妃となり、その子は穆宗(ぼくそう)となった。

[菊池英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「郭子儀」の解説

郭子儀
かくしぎ
Guo Zi-yi; Kuo Tzǔ-i

[生]神功1(697)
[]建中2(781)
中国,唐中期の武将。河南の人。諡は忠武丈夫で武官として立身し,安史の乱では李光弼 (りこうひつ) とともに唐朝軍を率いて活躍し,第一等の功績をあげたが,宦官に排斥されて兵権を解かれ,不遇の地位におかれた。しかしやがて代宗朝になると再び登用され,僕固懐恩が反して吐蕃 (とばん) ,ウイグルの軍とともに 30万の兵力侵入すると,その中心兵力の吐蕃を大敗させ,唐朝を危機から救った。大功臣として「尚父」の号を賜わり,太尉,中書令,実封 2000戸にいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「郭子儀」の解説

かく‐しぎ クヮク‥【郭子儀】

中国、唐代の武将。安祿山の乱で討伐に活躍し、都長安を奪回。のち、吐蕃(とばん)の侵入を防いだ。玄宗、粛宗、代宗、徳宗の四代に仕える。(六九七‐七八一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「郭子儀」の解説

かく‐しぎ〔クワク‐〕【郭子儀】

[697~781]中国代の武将。華州(陝西せんせい省)の人。安史の乱を平定し、のち吐蕃とばんの侵入を退けた。最高官の太尉中書令に任ぜらる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「郭子儀」の解説

かくしぎ【郭子儀 Guō Zǐ yí】

697‐781
中国,唐代の名将。李光弼(りこうひつ)と並び称される。華州鄭県(陝西省華県)の人。北朝系官僚の家柄で,父郭敬之は州刺史を歴任した。郭子儀は武挙に合格,武官の道に進んだ。唐朝の羈縻(きび)政策破綻していた天宝年間(742‐756),河曲地方の辺境軍司令官(軍使)を歴任したが,安史の乱が起こると東方に出撃し,河北一帯を奪回した。さらに敵の本拠范陽をつこうとしたが,潼関が突破されて長安が占領されたため,急きょ粛宗のもとに赴き,反攻作戦を指導した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android