コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李澄 りちょうYi Ching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李澄
りちょう
Yi Ching

[生]宣祖14(1581)
[没]?
朝鮮,李朝の文人画家。字は子涵,号は虚舟。宗室出身の文人画家李慶胤の子。明朝院体山水画の画風を継承し,人物,花鳥も描いたが山水画の名手として名高い。遺作には『泥金山水図』 (韓国国立中央博物館) ,『平壌図』『遊艇訪芳図』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

李澄の関連キーワード佐治竹暉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android