コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李珥 りじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李珥
りじ

李栗谷」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李珥
りじ
(1536―1584)

朝鮮、李朝(りちょう)中期の代表的な朱子学者。政治家。京畿(けいき)道徳水の人(出生地は江原(こうげん)道江陵)。字(あざな)は叔献(しゅくけん)、号は栗谷(りっこく)。聰明(そうめい)な母、申師任堂(1504―1551)に教育を受け、13歳で進士初試に合格。16歳のとき母を失った悲しみは大きく、一時仏教に傾倒したが、20歳のとき儒学に復帰し、聖人を志す自警文をつくる。以後の活躍は目覚ましく、23歳のとき李退渓(たいけい)(李滉(こう)。58歳)を瞠目(どうもく)させ、同じ年科挙別試の答案「天道策」で一躍名をあげ、遠く中国にまで聞こえたという。彼は宣祖(せんそ)(在位1567~1608)の信任厚く、重職を歴任するが、直言をはばからない大司諫(たいしかん)として多数の上疏文(じょうそぶん)(上奏文)を残した。1592年壬辰倭乱(じんしんわらん)(豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮侵略=文禄(ぶんろく)の役)の8年前に国防のため10万の兵養成を建議したことは有名。訓童書『撃蒙要訣(げきもうようけつ)』、帝王学として編まれた『聖学輯要(しゅうよう)』もこの間の作。彼は哲学者としても優れ、李退渓の理気互発(ごはつ)説を批判した気発理乗説や、仏教をくぐり抜けた理通気局説は、朝鮮朱子学(性理学)の独自な到達点を示し、李退渓とともに双璧(そうへき)と仰がれた。[小川晴久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李珥の言及

【李栗谷】より

…〈東方の聖人〉と称される朝鮮,李朝の代表的文臣,儒者。本名は李珥(りじ)。児名は見竜。…

※「李珥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李珥の関連キーワード江陵(大韓民国)朝鮮文学李氏朝鮮金孝元宋時烈沈義謙宣祖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android