コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李璮の乱 りたんのらん

世界大百科事典 第2版の解説

りたんのらん【李璮の乱】

中国,1262年(中統3),南宋に通じた山東の〈漢人世侯〉李璮(?‐1262)が元朝に離反した事件。李璮は山東省濰県の人,字は松寿。父李全は,13世紀初頭以来のモンゴルによる金国侵入がもたらした擾乱(じようらん)の間に起こった盗賊集団の首領から身を興し,金,モンゴル,南宋3勢力の交錯する間に巧みに介在して山東随一の勢力を築いた。のち勢力を過信するの余り南宋を侵して揚州に敗死する(1231)。敗残の後を受け継いだ李璮は,爾来モンゴルに服属しつつもっぱら自己勢力の挽回を図ること30年,その間国禁を犯して従事した南宋との密貿易の利にひかれた結果,おりから元朝世祖の即位に伴うモンゴル帝国の内訌に乗じ,故地回復を企てる南宋理宗の教唆に応じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李璮の乱の関連キーワード浄土真宗親鸞明極楚俊安東蓮聖足利頼氏今御前母愷子内親王五条院信瑞新陽明門院

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android