チンギス・ハーン(読み)チンギスハーン

百科事典マイペディアの解説

チンギス・ハーン

太祖モンゴル帝国の創建者。漢字では成吉思汗。一般には〈ジンギスカン〉とも。幼名はテムジン(鉄木真)。生年には1155年,1162年など異説あり。1188年―1189年ごろモンゴル部を統率,のちモンゴル高原の統一をすすめ,1206年オノン河畔にクリルタイを開き,チンギス・ハーンの称号(ハーン)を受け,帝国を建設した。以後,中国方面では西夏に出兵したが,特に1219年―1225年の西征はモンゴル大西進の発端となった。大領土を維持し,ハーンを頂点とする遊牧国家の支配体制を完成し,世界史上屈指の大英雄とされる。金を侵攻中,甘粛省六盤山で病死。
→関連項目オゴタイ・ハーンキプチャク・ハーン国元朝秘史太祖チャガタイ・ハーンティムールトゥルイバトゥ(抜都)モンケモンゴル[人]耶律楚材

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チンギス・ハーンの関連情報