コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李鼎祚 りていそLǐ Dǐng zuò

世界大百科事典 第2版の解説

りていそ【李鼎祚 Lǐ Dǐng zuò】

中国,唐代の学者。資州(四川省)の人で,天宝(742‐755)以後の人と推定されるが,生没年不詳。〈易〉に関する古来の諸解釈を集めた《周易集解》の著者としてのみ知られる。この書には,子夏以下,漢代の京房馬融,鄭玄(じようげん),三国魏の何晏(かあん),王粛王弼(おうひつ),東晋の干宝から,唐の孔穎達(くようだつ)に至る35家の解釈が集められている。魏・晋以降の老荘思想に基づく王弼らの易解釈の盛行で,漢代易学の伝統が絶えたため,易研究史上,この書のもつ価値はきわめて高いとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android