鄭玄(読み)じょうげん(英語表記)Zheng Xuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鄭玄」の解説

鄭玄
じょうげん
Zheng Xuan

[生]永建2(127).北海,高密
[]建安5(200)
中国,後漢学者。「ていげん」とも読む。宋代の朱子と並ぶ経学の大成者。字は康成若年下級官吏となったが,のち太学に進み,また馬融らに学んだ。「党錮の禁」に連座して 10年間獄につながれ,その後,生涯仕えずに学問専念した。古文学の立場をとり,今文学派と論争したが,今古文を兼修し,ほとんどすべての経書と主要な緯書とについて,本文を校定し,統一的見地を立てて,訓詁を明らかにした。多くは散逸したが,『論語注』『周礼注』『儀礼注』『礼記注』『毛詩鄭箋』が伝わっており,現在でも経書研究のよりどころになっている。諸書に残存する説を集めたものに『鄭玄佚書』がある。

鄭玄
ていげん

鄭玄」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鄭玄」の解説

じょう‐げん ヂャウ‥【鄭玄】

(「ていげん」とも) 中国、後の学者。字(あざな)は康成。山東高密の人。馬融に師事して訓詁注釈にはげみ、その百余万言という。漢代経学を集大成し、易・書・詩をはじめ主な経書に注したが、特に三礼の注は重んぜられる。著に「六芸論」「駁五経異義」など。(一二七‐二〇〇
[補注]古くから「じょうげん」と呼びならわされており、「毛詩抄‐一」に「鄭氏箋、書ではテイゲンとよみ候。只口で云時はヂャウゲンぞ」とある。

てい‐げん【鄭玄】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「鄭玄」の解説

鄭玄【じょうげん】

中国,後漢の学者。〈ていげん〉とも読む。馬融などに師事して経学を学ぶ。黄巾(こうきん)の乱に連座して10余年の禁錮を受けた。その後は隠遁(いんとん)して著述に専心し古文学を確立,漢代経学の今文・古文の対立を統一的に集大成した。著は《易》《書》《詩》などの注,《六芸論》など数多く,訓詁(くんこ)にすぐれている。
→関連項目古注

鄭玄【ていげん】

鄭玄(じょうげん)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「鄭玄」の解説

てい‐げん【鄭玄】

[127~200]中国、後漢の経学者。高密(山東省)の人。あざなは康成。今文古文両派の経学を広く学び、馬融ばゆうに師事。党錮とうこの禁に遇ってからは蟄居ちっきょして経典の注釈に専念。漢代経学を集大成し、訓詁学大家となった。「毛詩鄭箋」「三礼注」ほか多くの著がある。じょうげん。

じょう‐げん〔ヂヤウ‐〕【鄭玄】

ていげん(鄭玄)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鄭玄」の解説

じょうげん【鄭玄 Zhèng Xuán】

127‐200
中国,後漢の学者。字は康成,北海高密(山東省)の人。洛陽遊学して太学で第五元の教えをうけ,また東郡の張恭祖について学び,さらに馬融に7年間師事し,郷里に帰ったときは40歳をすぎていた。清貧をよしとして,農業を営みながら諸生に教授したという。その学徳を慕って来たり学ぶ者は1000人に達している。権勢には近づかず朝廷貴戚徴召を断ってひたすら研究に専念した〈純儒〉である。 漢代経学の集大成者であり,すこぶる業績にとむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鄭玄の言及

【許慎】より

…著書に《五経異義》10巻があるが,すでに滅んだ。ただ同じ後漢の鄭玄(じようげん)に《駁五経異義》の著があり,これも滅んだが,許慎の説をあげて反駁する形をとっているため,逸文によって両者の説の一斑をうかがうことはできる。《説文解字》15編は,漢字の字形からの分析を体系的に行った最古の字書である。…

【鄭玄】より

…中国,後漢の学者。字は康成,北海高密(山東省)の人。洛陽に遊学して太学で第五元の教えをうけ,また東郡の張恭祖について学び,さらに馬融に7年間師事し,郷里に帰ったときは40歳をすぎていた。清貧をよしとして,農業を営みながら諸生に教授したという。その学徳を慕って来たり学ぶ者は1000人に達している。権勢には近づかず朝廷や貴戚の徴召を断ってひたすら研究に専念した〈純儒〉である。 漢代経学の集大成者であり,すこぶる業績にとむ。…

※「鄭玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android