コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭玄 じょうげん Zheng Xuan

9件 の用語解説(鄭玄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭玄
じょうげん
Zheng Xuan

[生]永建2(127).北海,高密
[没]建安5(200)
中国,後漢の学者。「ていげん」とも読む。宋代の朱子と並ぶ経学の大成者。字は康成。若年,下級の官吏となったが,のち太学に進み,また馬融らに学んだ。「党錮の禁」に連座して 10年間獄につながれ,その後,生涯仕えずに学問に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

鄭玄
ていげん

「鄭玄 (じょうげん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐げん〔ヂヤウ‐〕【鄭玄】

ていげん(鄭玄)

てい‐げん【鄭玄】

[127~200]中国、後漢の経学者。高密(山東省)の人。字(あざな)は康成。今文古文両派の経学を広く学び、馬融(ばゆう)に師事。党錮(とうこ)の禁に遇ってからは蟄居(ちっきょ)して経典の注釈に専念。漢代経学を集大成し、訓詁学の大家となった。「毛詩鄭箋」「三礼注」ほか多くの著がある。じょうげん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鄭玄【じょうげん】

中国,後漢の学者。〈ていげん〉とも読む。馬融などに師事して経学を学ぶ。黄巾(こうきん)の乱に連座して10余年の禁錮を受けた。その後は隠遁(いんとん)して著述に専心し古文学を確立,漢代経学の今文・古文の対立を統一的に集大成した。
→関連項目古注

鄭玄【ていげん】

鄭玄(じょうげん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうげん【鄭玄 Zhèng Xuán】

127‐200
中国,後漢の学者。字は康成,北海高密(山東省)の人。洛陽に遊学して太学で第五元の教えをうけ,また東郡の張恭祖について学び,さらに馬融に7年間師事し,郷里に帰ったときは40歳をすぎていた。清貧をよしとして,農業を営みながら諸生に教授したという。その学徳を慕って来たり学ぶ者は1000人に達している。権勢には近づかず朝廷や貴戚の徴召を断ってひたすら研究に専念した〈純儒〉である。 漢代経学の集大成者であり,すこぶる業績にとむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうげん【鄭玄】

〔「ていげん」とも〕 (127~200) 中国、後漢の訓詁くんこ学者。字あざなは康成。馬融に師事。古文学を確立、漢代経学の集大成を行なった。「易経」「尚書」「周礼しゆらい」などに注を施した。著「六芸論」「駁五経異義」など。

ていげん【鄭玄】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鄭玄の言及

【許慎】より

…著書に《五経異義》10巻があるが,すでに滅んだ。ただ同じ後漢の鄭玄(じようげん)に《駁五経異義》の著があり,これも滅んだが,許慎の説をあげて反駁する形をとっているため,逸文によって両者の説の一斑をうかがうことはできる。《説文解字》15編は,漢字の字形からの分析を体系的に行った最古の字書である。…

【鄭玄】より

…中国,後漢の学者。字は康成,北海高密(山東省)の人。洛陽に遊学して太学で第五元の教えをうけ,また東郡の張恭祖について学び,さらに馬融に7年間師事し,郷里に帰ったときは40歳をすぎていた。清貧をよしとして,農業を営みながら諸生に教授したという。その学徳を慕って来たり学ぶ者は1000人に達している。権勢には近づかず朝廷や貴戚の徴召を断ってひたすら研究に専念した〈純儒〉である。 漢代経学の集大成者であり,すこぶる業績にとむ。…

※「鄭玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄭玄の関連キーワード賈逵許慎孔融劉逢禄匡衡建安絳帳班彪白虎通義服虔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone