コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬融 ばゆう Ma Rong

4件 の用語解説(馬融の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬融
ばゆう
Ma Rong

[生]建初4(79)
[没]延熹9(166)
中国,後漢の学者。字は季長。茂陵 (陝西省) の人。安帝~桓帝に仕え,太守となった。経学者として名高く,諸経の注釈書を著わした。弟子に鄭玄がいる。著書は『春秋三伝異同説』など多数あるが,断片が現存するだけである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばゆう【馬融 Mǎ Róng】

79‐166
中国,後漢の学者。字は季長。茂陵(陝西省興平県)の出身。馬援の兄の子。外戚の鄧氏にさからったため,校書郎の官に10年間とどめられ,桓帝のとき南郡太守となり,中央に召されて議郎に任ぜられた。広く経籍に通じ,盧植(ろしよく)や鄭玄(じようげん)をはじめ数多くの弟子を養い,一代の大儒と仰がれた。《春秋三伝異同説》を著し,《論語》《詩》《易》や三礼(さんらい)など多くの書物に注釈し,古典の整理,訓詁の大成を志したが,惜しいことに,散逸して断片しか伝わらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばゆう【馬融】

79~166) 中国、後漢の学者。博学で、「孝経」「論語」「尚書」「老子」などの注釈を著した。鄭玄じようげんの師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬融
ばゆう
(79―166)

中国、後漢(ごかん)の経学(けいがく)者。字(あざな)は季長(きちょう)。校書郎、郎中、武都郡、ならびに南郡太守、議郎を歴任。郎官としては東観(とうかん)の著述に従事し、同学の許慎(きょしん)の学殖に推服し、また班昭(曹大家(そうたいこ)。班固(はんこ)の妹)から『漢書(かんじょ)』を兄(馬続(ばしょく))とともに学んだ。帝室の外戚(がいせき)(とう)氏や梁(りょう)氏に関係して官位は停滞を繰り返し、また名族の出身(馬援(ばえん)の兄の孫)で驕慢(きょうまん)な性格と放逸奢侈(しゃし)の生活が重なった。学者としては通儒と称され、今古文(きんこぶん)の両学説の折衷と総合化を企て、著作に『春秋三伝(しゅんじゅうさんでん)異同説』や『詩』『書』『論語』『易(えき)』などの注釈、および『老子』『淮南子(えなんじ)』にも注し、道家思想にも造詣(ぞうけい)の深さを示した。思想や生活にも、生命を重んじ自由を尊ぶ老荘的傾向がみられる。辞賦(じふ)の作者として「広成頌(こうせいしょう)」「長笛賦(ちょうてきふ)」などが知られる。[戸川芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬融の関連キーワード公孫述孔融蔡元定陝西省馬援班固廖平班彪白虎通義季長

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone