馬融(読み)ばゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)「馬融」の解説

馬融
ばゆう
(79―166)

中国、後(ごかん)の経学(けいがく)者。(あざな)は季長(きちょう)。校書郎、郎中、武都郡、ならびに南郡太守、議郎を歴任。郎官としては東観(とうかん)の著述に従事し、同学の許慎(きょしん)の学殖に推服し、また班昭(曹大家(そうたいこ)。班固(はんこ)の妹)から『漢書(かんじょ)』を兄(馬続(ばしょく))とともに学んだ。室の外戚(がいせき)鄧(とう)氏や梁(りょう)氏に関係して官位は停滞を繰り返し、また名族の出身(馬援(ばえん)の兄の孫)で驕慢(きょうまん)な性格と放逸奢侈(しゃし)の生活が重なった。学者としては通儒と称され、今古文(きんこぶん)の両学説の折衷と総合化を企て、著作に『春秋三伝(しゅんじゅうさんでん)異同説』や『詩』『書』『論語』『易(えき)』などの注釈、および『老子』『淮南子(えなんじ)』にも注し、道家思想にも造詣(ぞうけい)の深さを示した。思想や生活にも、生命を重んじ自由を尊ぶ老荘的傾向がみられる。辞賦(じふ)の作者として「広成頌(こうせいしょう)」「長笛賦(ちょうてきふ)」などが知られる。

[戸川芳郎 2016年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「馬融」の解説

馬融
ばゆう
Ma Rong

[生]建初4(79)
[]延熹9(166)
中国,後漢の学者。字は季長。茂陵 (陝西省) の人。安帝~桓帝に仕え,太守となった。経学者として名高く,諸経の注釈書を著わした。弟子鄭玄がいる。著書は『春秋三伝異同説』など多数あるが,断片が現存するだけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「馬融」の解説

ばゆう【馬融】

謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。漢の帝の病気がいっこうに良くならないので、博士に占わせてみると、先帝が無罪の馬融を江南江に沈めたたたりだと出る。そこで管弦講を行なってそのを弔うと、馬融のが現われ、恨みを忘れ御代を祝福する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「馬融」の解説

ばゆう【馬融 Mǎ Róng】

79‐166
中国,後漢の学者。字は季長。茂陵(陝西省興平県)の出身。馬援の兄の子。外戚の鄧氏にさからったため,校書郎の官に10年間とどめられ,桓帝のとき南郡太守となり,中央に召されて議郎に任ぜられた。広く経籍通じ,盧植(ろしよく)や鄭玄(じようげん)をはじめ数多くの弟子を養い,一代の大儒と仰がれた。《春秋三伝異同説》を著し,《論語》《詩》《易》や三礼(さんらい)など多くの書物に注釈し,古典の整理,訓詁大成を志したが,惜しいことに,散逸して断片しか伝わらない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android