コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上姑南 むらかみ こなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上姑南 むらかみ-こなん

1818-1890 幕末-明治時代の儒者。
文政元年6月1日生まれ。豊前(ぶぜん)下毛郡(大分県)の人。広瀬淡窓にまなぶ。医学もおさめ,郷里で開業。慶応4年(1868)佐田五郎作らの御許山(おもとやま)騒動に際し,鎮撫(ちんぶ)のため豊後(ぶんご)(大分県)森藩にまねかれ,のち藩儒に登用された。明治23年6月21日死去。73歳。名は肇。字(あざな)は孟端。通称は慎次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村上姑南の関連キーワード朝吹 英二明治時代儒者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android