コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上杜陵 むらかみ とりょう

1件 の用語解説(村上杜陵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上杜陵 むらかみ-とりょう

1778-1832 江戸時代後期の俄(にわか)師。
安永7年生まれ。大坂の表具師で,講釈師吉田天山の門人という。大坂俄の中興の祖とされ,このころ興行の形がさだまった。天保(てんぽう)3年種本「風流俄天狗(てんぐ)」をあらわし,自作15編と演出の心得をのべている。天保3年8月死去。55歳。通称は甚蔵。別号に爪長山人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の村上杜陵の言及

【俄】より

…これらは通人の遊興であったが,寛政(1789‐1801)以降になると職業的な俄師が生まれた(《守貞漫稿》)。とくに天保(1830‐44)ごろの大坂の村上杜陵が有名で,大阪俄の中興の祖といわれる。そのころには〈独り俄〉,数人立合の〈立合俄〉,芝居がかりの〈長俄〉などと種類も多様化した。…

※「村上杜陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村上杜陵の関連キーワード安藤永年片倉寿繁空二黒田直方長隠(1)筑波庵紫蔭槌音成出目満忠西川伊三郎(2代)林伯英