村上格一(読み)むらかみ かくいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上格一 むらかみ-かくいち

1862-1927 明治-大正時代の軍人。
文久2年11月1日生まれ。日露戦争で千代田艦長をつとめ,仁川沖海戦に功をたてる。艦政本部長,教育本部長,呉鎮守府司令長官をへて大正13年清浦内閣の海相となった。海軍大将。昭和2年11月15日死去。66歳。肥前佐賀出身。海軍兵学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村上格一

没年:昭和2.11.15(1927)
生年:文久2.11.1(1862.12.21)
明治大正期の海軍軍人。佐賀藩士村上有竹と寿賀の長男。明治17(1884)年海軍兵学校卒業。翌年,水雷術練習艦「迅鯨」に乗り組む。日清戦争(1894~95)には「吉野」水雷長として出征。30年フランスに留学。ヨーロッパ各国の軍港を視察し,伝書鳩の飼育訓練なども調査。日露戦争(1904~05)には「千代田」艦長として出征,ロシア艦に挟まれながらの仁川港脱出は有名である。戦後教育本部第1部長,艦政本部第1部長,呉海軍工廠長を務め,戦後の軍備充実のために兵器の改良,開発,工廠設備増強などに努力した。大正3(1914)年シーメンス事件が発覚し,司法当局の捜査を受け,待命となったが,1カ月後艦政本部長として復職,以後造船造兵技術の向上に努めた。6年教育本部長となり,7年大将に進む。呉鎮守府司令長官,軍事参議官を経て13年清浦奎吾内閣の海軍大臣となった。海軍拡張の基礎を固めた人物。佐賀育英会の創設にも尽力。<参考文献>波多野貞夫『海軍大将村上格一伝』

(岸本昌也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android