村中 孝次(読み)ムラナカ タカジ

20世紀日本人名事典の解説

村中 孝次
ムラナカ タカジ

昭和期の陸軍大尉



生年
明治36(1903)年10月3日

没年
昭和12(1937)年8月19日

出生地
北海道旭川

学歴〔年〕
陸士(第37期)〔大正14年〕卒,陸大中退

経歴
歩兵第27連隊付、士官学校区隊長を経て、昭和7年歩兵第26連隊付。同年陸大に入るが中退。9年大尉。革新青年将校の中心人物であり、同年磯部浅一らと共にクーデター計画容疑で検挙され(士官学校事件)、休職となる。10年磯部と「粛軍に関する意見書」を配布し、免職。また真崎甚三郎教育教育総監の更迭は軍務局長永田鉄山を中心とする統制派の皇道派弾圧の陰謀であるとする「真崎教育総監更迭事情」を作成し、相沢三郎中佐に送付。免官後は西田税と交遊。11年2・26事件に指導的役割を果たし、翌年銃殺刑となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

村中 孝次 (むらなか たかじ)

生年月日:1903年10月3日
昭和時代の陸軍軍人。大尉
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android