粛軍(読み)しゅくぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粛軍
しゅくぐん

軍において統制を乱す分子を一斉に追放,あるいは左遷すること。特に日本で 1936年の二・二六事件後,用いられた言葉。陸軍は反乱将校をきびしく処断する一方,6ヵ月後に 3000人以上の将校の大異動を行なったが,この異動は一般に「粛軍人事」と呼ばれた。また,この粛軍によって統制派皇道派を完全に制したが,これを機会に軍の政治への干渉は一層強まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

粛軍【しゅくぐん】

元来軍内部の粛正を意味すが,日本の近代史では二・二六事件後陸軍の人事異動による威信の確立に関する動きをいう。1936年3月粛軍を声明,二・二六事件の被告を厳刑に処し,荒木貞夫真崎甚三郎ら4大将を予備役に編入するなど皇道派を一掃し統制派実権を掌握した。斎藤隆夫が反軍演説を行ったが,軍は粛軍を政治的進出に利用,軍部大臣現役武官制を復活した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくぐん【粛軍】

軍内部の粛正を指すが,日本の近代史においては,二・二六事件前後の時期に陸軍内部の派閥争いをめぐって問題となった。最初に粛軍を唱えたのは,1935年7月,村中孝次磯部浅一が発表した〈粛軍に関する意見書〉であり,それは士官学校事件をでっちあげて青年将校運動を弾圧した責任を追及するとともに,1931年の三月事件,十月事件が陰ぺいされていることに軍不統制の原因があるとして,関係者の粛正を求めたものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくぐん【粛軍】

軍の規律を正すこと。特に二・二六事件後に、旧陸軍部内で統制派が皇道派を追放したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粛軍
しゅくぐん

二・二六事件後の陸軍粛正問題。1936年(昭和11)の二・二六事件は宮中や政界、財界に大きな衝撃を与え、国民の間にも反軍的空気が広がった。これに対し寺内寿一(てらうちひさいち)陸相を中心とする陸軍首脳部は再三にわたって粛軍を言明、反乱軍将校の厳罰、真崎甚三郎(まざきじんざぶろう)、荒木貞夫(あらきさだお)、川島義之(かわしまよしゆき)ら7大将の予備役編入、大規模な人事異動などの措置をとり、その鎮静化に努めた。しかし、その実際に意味するところは、皇道派の一掃と直接行動の禁圧とによる新首脳部の統制強化、人事構成の若返りにほかならず、むしろ陸軍は粛軍と政治の改革とは不可分の関係にあるとしたうえで、政治への介入を一段と強化してゆくこととなった。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粛軍の関連情報