村尾重雄(読み)むらお しげお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村尾重雄 むらお-しげお

1901-1989 大正-昭和時代の労働運動家,政治家。
明治34年10月7日生まれ。大正10年友愛会大阪連合会書記となり,日本労働総同盟系の運動家として関西同盟会理事,大阪合同労組組織部長などを歴任戦後は日本労働組合総同盟副会長などをつとめた。昭和22年参議院議員(当選4回,民社党)。平成元年11月10日死去。88歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android