コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村居三弥 むらい さんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村居三弥 むらい-さんや

1807-1863 江戸時代後期の国学者。
文化4年生まれ。近江(おうみ)大津の人。平田篤胤(あつたね)の著書に感銘をうけ,その学僕となる。のち大津の小泉家につとめ,かたわら「万葉集」などを注釈し,膳所(ぜぜ)藩儒黒田梁洲(りょうしゅう)らとまじわった。文久3年死去。57歳。名は真韴(まふつ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村居三弥の関連キーワード国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android