コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村河直方 むらかわ なおかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村河直方 むらかわ-なおかた

1824-1867 幕末の武士。
文政7年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩の家老荒尾氏の家臣。長州征討反対を主家に建言するなど,尊攘(そんじょう)派として活動。大山(だいせん)寺での挙兵計画が発覚し,慶応3年10月11日一族に暗殺された。44歳。通称は与一右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村河直方の関連キーワード村河与一右衛門

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android