コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬双石 むらせ そうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬双石 むらせ-そうせき

1822-1877 江戸後期-明治時代の日本画家。
文政5年生まれ。四条円山派。養嗣子とした門人の村瀬玉田が明治画壇で活躍した。明治10年死去。56歳。京都出身。名は魚。別号に彩雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村瀬双石の関連キーワード粗粒玄武岩柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone