コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彩雲 さいうんiridescent cloud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彩雲
さいうん
iridescent cloud

光環と同じく,太陽や月の光が微小な水滴氷晶による回折現象で,淡い赤や緑で縁どられるか,あるいは部分的に輝いて見える。おもに巻雲巻積雲高積雲などで見られる。昔は吉兆として,慶雲,景雲,紫雲(しうん),瑞雲(ずいうん)などの名前で呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐うん【彩雲】

雲の縁が美しくいろどられる現象。雲の水滴による光の回折で生じ、主に高積雲にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

彩雲【さいうん】

巻積雲,高積雲または層積雲にみられる雲のふちなどがピンク,緑などに美しく色どられる現象。光冠と同じく微小水滴による太陽光の回折が原因で起こる。雲全体が色づくこともある。
→関連項目真珠雲レンズ雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいうん【彩雲】

空に高積雲が浮かんでいる時,太陽に近い雲の縁がスペクトルの色に分かれて,美しく色づいて見える現象である。光冠と同じく雲を形づくっている雲粒による太陽光線の回折現象でおこるものである。消えかかっている雲で見えることが多く,色の帯は雲の縁にかなり平行して見える。雲粒が蒸発して消える時は,粒がだんだん小さくなるだけでなく,大きさがそろう傾向があり,それで太陽からの距離が,光冠に比べてかなり遠い所まで鮮やかに見えるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいうん【彩雲】

縁が美しくいろどられた雲。雲粒による日光の回折によって生ずる現象で、高積雲などに見られる。五色の雲、景雲・慶雲・紫雲・瑞雲ずいうんなどともよばれ、瑞兆ずいちようとされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彩雲
さいうん

巻積雲(けんせきうん)、巻層雲、高積雲の一部が虹(にじ)のように淡く輝いて見える現象。目と太陽を結ぶ線から特定の角度に雲がある場合に生じる。雲粒が過冷却水滴である場合も、また氷晶である場合も生じると考えられている。しかし、同じ太陽光線の回折現象であっても、水滴と氷晶ではメカニズムは異なると思われる。瑞雲(ずいうん)、景雲、紫雲(しうん)などとよばれ、縁起のよい現象とみる地方もある。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

彩雲の関連キーワード諏訪 蘇山(1代目)「早発白帝城」李白諏訪蘇山(初代)任田屋徳右衛門チョーイワン江戸 さい子空(そら)江戸さい子西本 翠蔭村沢 夏風佐々木泉景岩橋 英遠村瀬 玉田菊池志穂高口幸子気象観測坂東尚樹石井康嗣藤田友閑酒井敬幸

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彩雲の関連情報