コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬玉田 むらせ ぎょくでん

美術人名辞典の解説

村瀬玉田

四条派の画家。京都生。姓は榎、名は徳温、通称を清次郎、別号に彩雲亭。村瀬雙石の門に入り、のち養子となる。山水花鳥を能くし、皇室・宮内省御用命をしばしば受けた。大正6年(1917)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬玉田 むらせ-ぎょくでん

1852-1917 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)5年4月8日生まれ。村瀬双石の養子。山水・花鳥画を得意とし,内国絵画共進会などで受賞。京都から東京にうつり,皇室御用画を制作したほか,内外博覧会に出品した。大正6年10月12日死去。66歳。京都出身。本姓は榎。名は徳温。通称は清次郎。作品に「雉子図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村瀬玉田の関連キーワード大正時代野村雪江嘉永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android