コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬美香 むらせ びこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬美香 むらせ-びこう

1829-1896 幕末-明治時代の陶芸家。
文政12年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。義父の市江鳳造(ほうぞう)に陶法をまなび,嘉永(かえい)5年(1852)自宅に窯をひらいて茶器をやく。不二見焼と称し,銘は「望岳」「不二山人」。明治29年11月21日死去。68歳。通称は八郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村瀬美香の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android