コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市江鳳造 いちえ ほうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市江鳳造 いちえ-ほうぞう

1768-1852 江戸時代後期の陶工。
明和5年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。平沢九朗(くろう)にならい,茶器雑器をつくる。「梨棗(りそう)」などの印をもちい,鳳造焼といわれた。一江利右衛門と同一人とされる。嘉永(かえい)5年閏(うるう)2月14日死去。85歳。名は成房。通称は鯉右衛門(りえもん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市江鳳造の関連キーワード村瀬美香陶工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android