村田正太(読み)むらた まさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「村田正太」の解説

村田正太 むらた-まさたか

1884-1974 大正-昭和時代の医学者。
明治17年10月5日生まれ。伝染病研究所にはいり,梅毒の血清学的診断法の村田反応考案。昭和2年ハンセン病患者を収容する大阪の外島保養院長となる。隔離収容方式から患者の自治制度に転換したが,特高警察干渉で8年辞任。エスペラント普及にもつくした。昭和49年12月20日死去。90歳。高知県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android