コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染病研究所 デンセンビョウケンキュウジョ

デジタル大辞泉の解説

でんせんびょう‐けんきゅうじょ〔デンセンビヤウケンキウジヨ〕【伝染病研究所】

伝染病などの原因・予防・治療などの研究機関。明治25年(1892)大日本私立衛生会付属として北里柴三郎を迎えて発足。現在は東京大学医科学研究所東京都港区白金台にある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伝染病研究所【でんせんびょうけんきゅうじょ】

1892年大日本私立衛生会付属として発足。初代所長北里柴三郎。1899年国立(内務省所管)となり,1914年文部省に移管,1916年以降東大付属。伝染病をはじめとする医学研究と,治療血清ワクチンの製造・検定などに貢献(防疫業務は1947年以降中止)。
→関連項目青山胤通志賀潔野口英世

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝染病研究所
でんせんびょうけんきゅうじょ

伝染病の原因・予防・治療などの研究を目的とする研究所。日本では、1892年(明治25)に福沢諭吉森村市左衛門らの援助で、東京の芝公園内に伝染病研究所が設立された。所長は、ベルリン大学コッホ研究所で結核のツベルクリン療法、ジフテリア免疫血清療法の開発などで著名な業績をあげた北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)であった。経営主体は大日本私立衛生会であったが、これは、世界的学者としての北里に対して文部省・帝国大学が冷淡であったことによる。その後、99年に内務省直轄の官立研究所となったが、1914年(大正3)、時の大隈重信(おおくましげのぶ)内閣は、文政一元化の名のもとに伝染病研究所の文部省移管を強行、これに抗議する北里所長以下部長・研究員は全員辞職した。いわゆる伝染病研究所移管事件である。16年、伝染病研究所は東京帝国大学医学部附置研究所となり、野に下った北里の北里研究所としのぎを削ることになった。伝染病研究所の創立以来の業績としては、ジフテリア・破傷風治療血清、予防接種に関する研究、ペスト、赤痢病原菌の発見、牛痘苗の犢体(とくたい)継続に関する研究など多岐にわたっている。67年(昭和42)東京大学医科学研究所となり、現在に至っている。[神谷昭典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伝染病研究所の言及

【北里柴三郎】より

…この業績に対し欧米諸国から招聘(しようへい)が相次いだが辞して92年帰国。しかし国内には彼を受け入れる機関がなく,福沢諭吉の援助で芝公園内に伝染病研究室が設けられ,同年11月大日本私立衛生会の所属として日本で最初の伝染病研究所(伝研と略称)が創立され,翌年愛宕町に新築移転した。この研究所は,所員に秦佐八郎や志賀潔を擁し,世界的にも屈指の研究所とされた。…

※「伝染病研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝染病研究所の関連情報