村田泰足(読み)むらた やすたり

  • 村田泰足 むらた-やすたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1749-1823 江戸時代後期の国学者。
寛延2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。大菅中養父(おおすが-なかやぶ),本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。寛政11年藩校稽古(けいこ)館が創立されると和学教授となった。文政6年11月5日死去。75歳。通称新次郎,大輔。号は凝烟舎(すすのや)。著作に「凝烟舎詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android