コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村請新田 ムラウケシンデン

3件 の用語解説(村請新田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むらうけ‐しんでん【村請新田】

江戸時代、一村で請け負って開発した田。ふつう開発後3~5年間は免租され、検地石盛(こくもり)もゆるやかであった。→新田開発

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むらうけしんでん【村請新田】

江戸時代、村請によって開発された田地。普通、耕作を始めて数年間は年貢が免除された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村請新田
むらうけしんでん

一村が開発すべき新田を申請し、領主の許可を得て開発した新田。江戸中期以降に多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村請新田の言及

【地主】より

…近世の地主はその発生要因から新田開発地主,土地集積地主に大別され,その身分関係からは郷士地主,普通地主,寺院地主,村地主などに分類できる。 新田開発地主は近世初頭の土豪開発新田や中期以降の村請新田,百姓寄合新田,町人請負新田などによって田畑屋敷地の所持面積を広げ,小作経営を拡大していったものである。土豪開発新田は兵農分離過程で武士層に上昇しえず,主家の没落によって,もしくはみずから土着の道を選んで在地化した階層によるものである。…

【新田開発】より

…近世初頭の土豪開発新田の事例は多く存在し,信州佐久平の新田群,尾州の入鹿新田,武州小川新田などは著名である。農民が新田開発の主体となるのは村請新田ないし百姓寄合新田である。村請新田は農民が資本・労働力を負担した新田であり,百姓寄合新田は有力農民が仲間を募集し,出資額に応じて新田を配分する開発である。…

【新田集落】より

… 新田集落の社会構造は開発主体によって異なった。村請新田は本村地名を冠して新田地名とし,本村の名主の分家が新田の名主となり,親村と子村の関係がつづいた。見立新田(土豪開発新田)では開発中心者が名主を世襲し,年貢を納めない除地を所有し,所有面積も大きく,用水分配やその他の特権をもった。…

※「村請新田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村請新田の関連キーワードソフトウェアハウス町人請負新田元請け御為替組損得尽く請浦受取渡し地頭請け橋の崩落事故窓口収納手数料

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone