コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村雲日栄 むらくも にちえい

2件 の用語解説(村雲日栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村雲日栄 むらくも-にちえい

1855-1920 明治-大正時代の尼僧。
安政2年2月17日生まれ。邦家(くにいえ)親王の第8王女。九条尚忠の猶子。日蓮(にちれん)宗。京都瑞竜(ずいりゅう)寺(村雲御所)の門跡。明治のはじめ皇族が還俗(げんぞく)したとき,仏門にとどまる。村雲婦人会を組織,教化と社会事業につくした。大正9年3月22日死去。66歳。号は瑞法光院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村雲日栄

没年:大正9.3.22(1920)
生年:安政2.2.17(1855.4.3)
明治大正時代日蓮宗の尼。尼門跡村雲瑞竜寺の第10世。諱は瑞法光院。伏見宮邦家親王の第8皇女,九条尚忠の猶子。文久2(1862)年,8歳で叔母の瑞正文院日尊尼を師として得度受戒。村雲門跡保存会,村雲婦人会を設立して寺院経営のために力を尽くし,尼衆修道院を設立(1919)している。また,日本赤十字京都支部篤志看護婦支会長として活躍,和歌や書に堪能であった。墓所は岡崎の善正寺。<参考文献>『近世女流書道名家史伝』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村雲日栄の関連キーワード村雲御所瑞竜寺祖師本化九条日浄久保田日亀小泉日慈日秀尼日尊尼文秀女王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone