コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村雲御所 むらくもごしょ

世界大百科事典 第2版の解説

むらくもごしょ【村雲御所】

滋賀県近江八幡市にある日蓮宗の由緒寺院。山号はなく,正称は瑞竜寺。1596年(慶長1)豊臣秀次の生母瑞竜院日秀(豊臣秀吉の姉)が,非業の死をとげたわが子の追善のため京都村雲の地に創建。以後江戸幕府の保護も厚く,歴代住職になる女性は摂家(せつけ)の九条家に入籍したあと入寺する慣習となり,所在地の名から村雲御所と称された。1963年,秀次の八幡城があった八幡山上の現在地に移転。【藤井 学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android