杓子掛(読み)しゃくしかけ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃくし‐かけ【杓子掛】

〘名〙
杓子や擂粉木(すりこぎ)などをおさめておく道具。太い竹の節ごとに、斜めに穴をあけ、そこに杓子などをさしこんで台所にかけて置くもの。
※俳諧・珍重集(1678)「後妻や摺子木味曾こし杓子掛 恋の中宿一段の勝手〈西鶴〉」
② 江戸時代、大坂新町で、最下級の遊女の称。しゃくし。
洒落本・百花評林(1747)分「此君をしゃくしかけとやらん、けちとやらんいふは、あまり成悪口也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android