コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜若色 かきつばたいろ

色名がわかる辞典の解説

かきつばたいろ【杜若色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、アヤメ科カキツバタの花に似た紫色を表す伝統色名をさす。古くはカキツバタの花で布地を染めていた。「何れ菖蒲あやめか杜若」とは、いずれも優れていて選ぶのに迷うことをいうが、菖蒲あやめ色はJISの色彩規格でいうと「明るいみの紫」。それぞれに異なる色とされるが、実際の花の色を普通の人が見分けるのは難しい。和服や和装小物などによく使われるほか、文房具にも杜若色があり、人気色の一つ。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かきつばた‐いろ【杜若色】

カキツバタの花のような色。鮮やかな紫がかった青色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

杜若色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android