コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束松露香 つかまつ ろこう

1件 の用語解説(束松露香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

束松露香 つかまつ-ろこう

1867-1918 明治-大正時代の俳人。
慶応3年生まれ。信濃(しなの)毎日新聞の記者。評伝「俳諧寺一茶」で一茶研究に先鞭(せんべん)をつけた。明治41年一茶の郷里長野県柏原に中村六郎らと一茶同好会を組織,「七番日記」「一茶遺墨鑑」などを刊行した。大正7年1月8日死去。52歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。本名は伊織。別号に我春堂,鳴子園,鉄牛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

束松露香の関連キーワード杉浦宇貫相羽仙夫佐々木北涯治五右衛門(12代)西村雪人服部耕雨牧野望東松村鬼史宮沢朱明柳下孤村