コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束松露香 つかまつ ろこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

束松露香 つかまつ-ろこう

1867-1918 明治-大正時代の俳人。
慶応3年生まれ。信濃(しなの)毎日新聞の記者。評伝「俳諧寺一茶」で一茶研究に先鞭(せんべん)をつけた。明治41年一茶の郷里長野県柏原に中村六郎らと一茶同好会を組織,「七番日記」「一茶遺墨鑑」などを刊行した。大正7年1月8日死去。52歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。本名は伊織。別号に我春堂,鳴子園,鉄牛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

束松露香の関連キーワード父の終焉日記大正時代俳人

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android