コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄牛 テツギュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄牛 てつぎゅう

?-? 室町時代の画僧。
臨済(りんざい)宗。京都相国寺の僧。玉畹梵芳(ぎょくえん-ぼんぽう)の弟子。師とおなじく蘭の絵にたくみであった。永享(1429-41)のころの人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てつぎゅう【鉄牛】

鉄製の牛。昔、中国で禹が黄河の治水に用いたという。また、大きな強い牛。

てつぎゅう【鉄牛】

1628~1700) 江戸前期の黄檗おうばく宗の僧。名は道機。号は自牧子。石見の人。1655年隠元隆琦いんげんりゆうきの弟子となり、のち江戸・下総で教化につとめた。下総椿沼の開墾に尽力、法弟の鉄眼てつげんの大蔵経出版にも助力した。諡号しごうは大慈普応禅師。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉄牛の関連キーワードウーイーシャン(武夷山)山脈辻内刑部左衛門大慈普応国師円心(2)束松 露香寿窓元貞尼7月26日武夷山脈提宗慧全ヒントン隠元隆琦鉄牛道機稲葉正則喜多元規束松露香室町時代兆渓元明黄檗鉄牛寿窓元貞長勝寺

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄牛の関連情報