条斑細菌病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑の解説

条斑細菌病(ソルガム・スーダングラス)

温暖地で特に多雨時に多発する斑点性の細菌病。梅雨期から短い線状の病斑を形成するが、これが長く伸びて赤紫色、条状、長さ2〜20cm以上の病斑になる。さらに病勢が進むと、病斑が互いに融合し、葉全体が赤紫色に枯れる。多湿条件下では新鮮な病斑の表面に菌泥が噴出し、伝染源となる。病原細菌はトウモロコシのものと同種であるが、細かい性質が異なっている可能性もある。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android