コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杣田光正 そまだ みつまさ

2件 の用語解説(杣田光正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杣田光正 そまだ-みつまさ

1795-1856 江戸時代後期の漆芸家。
寛政7年生まれ。杣田光明の兄。越中(富山県)の人。家業をつぎ,狩野(かのう)派の絵もまなぶ。のち江戸にでて,青貝のほか金銀の切金(きりかね)と線条をもちいた精巧な漆器(杣田細工)を考案した。また富山藩校広徳館の剣術と柔術の師範役をつとめた。安政3年8月15日死去。62歳。通称は弥平太。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杣田光正

没年:安政3(1856)
生年:寛政6(1794)
江戸後期の螺鈿工。越中国富山の出身で,通称は弥平太。京都の青貝細工師杣田清輔が,富山藩2代藩主前田正甫(1649~1706)に招かれて興した杣田細工の伝統を継承し,さらに江戸で学ぶなどして,独自の境地を拓いた。杣田細工は,薄貝を切って長方形,方形,菱形などの細片にし,それを漆を塗った面に貼り付けて文様を表す方法で,江戸後期から明治期にかけて,特に印籠などの装飾に用いられて大いに好評を博した。その典型作として「小紋螺鈿印籠」「網文螺鈿印籠」(いずれも東京国立博物館蔵)などがある。

(小松大秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杣田光正の関連キーワード細田栄之金蔵青貝長兵衛上野華山高橋的門中原貞清中原貞仲服部鷯吉藤井守貞源重直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone