来診(読み)らいしん

精選版 日本国語大辞典「来診」の解説

らい‐しん【来診】

〘名〙
医者患者の家に来て診察すること。察のために訪れること。
蔗軒日録‐文明一六年(1484)四月一三日「入夜来診、以其似風疾、以良薬三服恵、夜深煎而飲之者両次」
② 病院などに、診察を受けに来ること。
白鳥(1954)〈井伏鱒二〉「私は分院に電話をかけ、来診患者の云ふ症状院長に取次いだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android