コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東の花勝見 あずまのはながつみ

世界大百科事典 第2版の解説

あずまのはながつみ【東の花勝見】

歌舞伎役者の芸談集。永下堂波静撰著。1815年(文化12)刊。1巻。18世紀後半から19世紀前半にかけて活躍した13人の名優(初世沢村宗十郎,中村富十郎尾上菊五郎中村歌右衛門,中村仲蔵,坂東三津五郎,2世嵐三五郎,市川団蔵,3世松本幸四郎,瀬川菊之丞,4世市川団十郎,岩井半四郎,5世市川団十郎)の芸談を収めたもの。立者(たてもの)に可愛がられ,着実に段階を踏んで修業せよという修業の心得,役の人物になりきり,実を大切にして花をあしらえとする役作りの教訓,その他,狂言の選定,踊りの振付け,ひいき客への要望,相手役との息の合せ方など,貴重な芸談に満ちている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android