コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立者 タテモノ

デジタル大辞泉の解説

たて‐もの【立者】

一座の中ですぐれた役者、また人気役者。立役者。
仲間の中でおもだった者。あたまかぶ。
「不良少年の黒表(ブラツクリスト)中の―だけに」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たてもの【立者】

歌舞伎役者の階級。幹部級の役者,すなわち名題役者をいう。立者のうち,人品,技量ともすぐれた立役の上位者を〈座頭(ざがしら)〉といい,一座を統率する。この座頭と立女方,書出し,中軸(なかじく),客座を特に〈大立者(おおだてもの)〉と呼ぶ。【富田 鉄之助】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たてもの【立者】

芝居の座中で、優れた役者。または有名な役者。立役者たてやくしや。 「若衆形の-は若女形より高給銀也/芸鑑」 → 大立て者
仲間の中のあたまかぶ。一団の中で最も尊敬されている人。 「大-」 「太夫仲間の-と、いはれし程の/浄瑠璃・嫗山姥」
重要なもの。主要なもの。 「先第一の-は米/浄瑠璃・先代萩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の立者の言及

【歌舞伎】より

… 6,7月は原則として芝居を休んだが,のちには〈夏芝居〉といって,ふだんは大役をもらえない低い地位の役者を中心にし,入場料の安い勉強芝居を興行することがあった。文化・文政期になると,大立者も参加して,夏向きの狂言を演ずる特別興行を行うこともあった。9月は〈秋興行〉または〈菊月興行〉と呼び,年度における最後の興行であることから〈御名残興行〉ともいった。…

【名題】より

…大名題看板には,その上部に一座の主要な役者たちの舞台姿が描かれ,その絵組みにのる役者のことを名題乗り役者といった。古く役者には立者(たてもの)と詰(つめ)(小詰)の別があり,やがてその間に中(ちゆう)役者(中通り,中女方)が発生,立者,中役者,下立役(したたちやく)(お下,稲荷町)の3階級が成立した。幕末には立者を名題と呼ぶようになり,以後,その名称が定着。…

【竪義】より

…また論題提出僧すなわち探題より出された問題について,自己の考えを教理をふまえて主張する僧を指す場合も多い。この場合は竪義者というが,単に略して竪者(りつしや),立者ともいう。南都の三会,東大寺法華会・方広会や,興福寺慈恩会,園城(おんじよう)寺十月会,延暦寺六月会などは竪義を設け,学業の成果を判定した。…

※「立者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立者の関連キーワードサー・ジョージ ウィリアムズウィリアム・E ボーイングエビニーザー アースキンフリードリヒ フレーベル中島三甫右衛門(2代)鶴沢 清七(4代目)鶴沢 文蔵(4代目)豊沢 大助(2代目)坂東三津五郎(初代)スティーブ ジョブズ杉山勘左衛門(初代)大谷広右衛門(3代)坂田半五郎(初代)豊竹鐘太夫(初代)豊松東十郎(初代)シュマーレンバッハ豊竹湊太夫(初代)豊松東十郎(2代)鎌倉平九郎(2代)豊竹鐘太夫(2代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android