コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都立図書館 とうきょうとりつとしょかん

1件 の用語解説(東京都立図書館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都立図書館
とうきょうとりつとしょかん

東京都の公立図書館東京都立中央図書館と東京都立多摩図書館で構成される。中央図書館は 1973年,東京都立日比谷図書館(→日比谷図書文化館)の機能を継承して港区南麻布に設立された。東京関係の各種の文献と資料を集めた東京誌料,東京市,東京府の行政資料,江戸と東京の郷土資料を中心とし,その他,国語・漢籍の諸橋(轍次)文庫,哲学と宗教書の井上(哲次郎)文庫,東洋史の市村(瓚次郎)文庫,黄表紙洒落本など江戸の軟文学に富む加賀(翠渓)文庫などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京都立図書館の関連キーワード図書館法日比谷図書館書籍館帝国図書館国際子ども図書館東京都立中央図書館ロシア国立図書館中央市立図書館岐阜県図書館中田邦造

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京都立図書館の関連情報