コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見宮 ふしみのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏見宮
ふしみのみや

江戸時代,四親王家の一つ。南北朝時代の北朝崇光天皇の第1皇子栄仁 (よしひと) 親王を祖とする宮家。第3代貞成 (さだふさ) 親王の第1王子彦仁親王が後花園天皇として即位して以来,宮家の格は次第に高まった。幕末には最も栄え,1945年まで存続し,22代五百余年の歴史をもった。明治維新以後十余の宮家は大正天皇の直宮 (じきみや) 三家を除いて,すべて伏見宮から出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふしみのみや【伏見宮】

北朝の崇光天皇の第1皇子栄仁(よしひと)親王を初代とする宮家。親王は持明院統正嫡として皇位を継ぐべき立場にあり,父天皇もその即位を切望したが,同天皇以後の皇位は足利氏に擁立された後光厳天皇(崇光天皇の皇弟)の子孫によって継承された。このため親王の即位はついに実現せず,さらに父天皇の没後はそれまで伝領してきた長講堂領以下の持明院統の所領も朝廷に召し上げられたため親王はすこぶる窮境に陥ったが,やがて伏見荘をはじめ若干の所領を回復して一家の存続を維持し,伏見宮創立の基を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふしみのみや【伏見宮】

南北朝時代以来の旧宮家。四親王家の一。北朝第三代崇光天皇の第一皇子栄仁よしひと親王を初祖とする。四親王中最も歴史が古い。明治以後一一の宮家を分家した。1947年(昭和22)皇籍離脱。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の伏見宮の言及

【庭田家】より

…宇多天皇の皇子敦実親王の三男,左大臣源雅信の10世権中納言経資を祖とする。経資の孫重資の後は庭田と田向の2流に分かれ,重資の女資子は崇光天皇に近侍して栄仁親王(伏見宮初代)を生み,また重資の男経有の女幸子は栄仁親王の王子貞成親王(後崇光院)の室となり,彦仁王(後花園天皇)を生むなど,皇室および伏見宮と深い関係があった。庭田家の公家としての家格は羽林家で,権大納言を極官とした。…

【宮家】より

…これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。次は伏見宮で,北朝の崇光天皇の皇子栄仁親王を初代とし,第23代博明王に至る。ちなみに常磐井宮,木寺宮の初代は大覚寺統の皇統の嫡嗣と定められ,伏見宮は持明院統の嫡流とされた家柄である。…

※「伏見宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伏見宮の関連キーワード伏見宮邦頼親王伏見宮貞敦親王久邇宮・久迩宮伏見宮邦家親王伏見宮貞清親王華頂宮 博忠応胤法親王尊孝法親王尊常法親王勧修寺常信尊英法親王尊宝法親王清棲 敦子邦高親王貞建親王常子女王宗山等貴貞子女王成淳女王北白川宮

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏見宮の関連情報