コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東佐与子 ひがし さよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東佐与子 ひがし-さよこ

1892-1973 昭和時代の料理研究家。
明治25年11月15日生まれ。大正14年から日本政府留学生としてパリの料理学校コルドン-ブルーでまなぶ。帰国後,母校日本女子大の教授となり,フランス料理の研究と教育につくした。昭和48年8月1日死去。80歳。和歌山県出身。著作に「フランス式魚貝料理法」など。
【格言など】心と手とで料理を作り,しかもその人の心の深さだけの味が出る(「世界人は如何に食べつつあるか」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東佐与子の関連キーワード秋山清ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)神代辰巳沢渡朔[各個指定]芸能部門ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android