コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東佐与子 ひがし さよこ

1件 の用語解説(東佐与子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東佐与子 ひがし-さよこ

1892-1973 昭和時代の料理研究家。
明治25年11月15日生まれ。大正14年から日本政府留学生としてパリの料理学校コルドン-ブルーでまなぶ。帰国後,母校日本女子大の教授となり,フランス料理の研究と教育につくした。昭和48年8月1日死去。80歳。和歌山県出身。著作に「フランス式魚貝料理法」など。
【格言など】心と手とで料理を作り,しかもその人の心の深さだけの味が出る(「世界人は如何に食べつつあるか」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東佐与子の関連キーワードケンタロウ辻静雄赤堀全子江上トミ大原照子沢崎梅子志の島忠辰巳浜子田村魚菜辻嘉一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone